株式自動売買ツールでコツコツ利益確定

日中仕事でもOK!低リスクの「3Days投資法」でコツコツ利益を積み上げます。「岡三RSS」の自動発注機能を使用して不労所得を実現!

*

準備①.「3Days投資法」を理解する

      2017/02/11

 

3Days投資法とは?

まずは当サイトで実践していく「3Days投資法」の説明をしたいと思います。

株式自動売買を行っていくにあたり、投資法に対する理解はとても重要です。

これからルールを説明していきますので、よくお読みになって正しく理解してください。
そして、この投資法を採用することに十分納得してから、実際に投資を始めてください。

 



 

3Days投資法の概要

「3Days投資法」とは、一定のルールに基づいて取引を行うシステムトレードです。

ざっくり説明すると・・・。

  • 株価が始値から一定の値幅分(AP値と呼びます)下がったところで買い
  • 株価が買値から一定の値幅分(BP値と呼びます)上がったところで売り
  • 3日間で売れなければ大引けで売り手じまい

基本はこれだけです。

最長でも3日で手じまいする短期売買であり、これが「3Days投資法」という名前の由来になっています。

取引対象とするのは主に「ディフェンシブ銘柄」です。
「ディフェンシブ銘柄」とは、景気に左右されにくい大型優良株のことを指します。
業種としては食品、医薬品、鉄道、電力、ガスなどの会社です。

これらの銘柄は、株価がある程度下げると、高い確率で押し目買いが入り反発します。
この性質を利用し、値幅で利益を取っていくのが「3Days投資法」です。

ディフェンシブ銘柄の株価は値動きが安定しており、大きく上昇することが少ない代わりに、大きく下落する可能性も低いです。
つまり1回の利益は少ないですが、その代わり大損する可能性も低い。
小さな利益を、短期売買で回転率を上げ、コツコツと積み上げていく投資法です。

AP値とBP値

APとはアタック・ポイントの略で、始値からマイナスする値です。
当日の始値からAP値だけ株価が下がった時、買いを入れます。

BPとはベネフィット・ポイントの略で、買値に上乗せする値(利益)です。
買値からBP値だけ株価が上がったら、売ります。

売買の例

ある銘柄の始値が2,000円だったとしましょう。
AP値が120円、BP値が100円とします。

まず買い注文を出します。
始値:2,000円 - AP値:120円 = 1,880円
となるため、1,880円の指値で買い注文を出します。

買い注文が約定したら、売り注文を出します。
買値:1,880円 + BP値:100円 = 1,980円
となるため、1,980円の指値で売り注文を出します。

売り注文が約定すると、BP値×株数-売買手数料が利益となります。
この例の場合、100株とすると10,000円から手数料を差し引いた額が利益となります。

売り注文が約定しない場合、3日目の終値で手じまいします(引け成り注文)。
この場合、終値が買値を下回っていれば損失となりますが、BP値には達しないものの買値を上回って利益がでることもあります。

より詳しく知りたい方へ

「3Days投資法」の概要は以上ですが、より詳しく知りたい方はこちらのサイトをご覧ください(外部サイト)。
3Days投資法による株のシステム売買実施方法

少し古いサイトですが、とても詳しく解説されているので、より深く知りたい方にはおすすめです。

また「3Days投資法」の公式サイトはこちらとなっております。
3Days投資法

当サイトでは3Days投資法をベースにアレンジを加えています

当サイトで実践している「株式自動売買ツールでコツコツ利益確定」は、3Days投資法をベースにしています。
が、まるっきりそのままではありません。

リスクを抑え、勝率を上げるために若干アレンジを加えています。

純粋な「3Days投資法」ではありません、ということをまずはご理解ください。

具体的には以下の条件を加えています。

  • BP値はAP値以下の値とする(分析結果が良くてもAP<BPは採用しない・・・勝率アップ)
  • 必ずしも3日で手じまいしない(地合いが良いときに限る・・・勝率アップ)
  • 過熱感のある銘柄は外す(RSI等から判断・・・リスク低減)
  • 前日終値+BP値以上で寄り付いた場合は前日終値よりAPを求める(リスク低減)
  • 決算発表2日前~前日は買いを入れない(保有分は前日までに手じまい・・・リスク低減)
  • 権利確定の前日~当日は買いを入れない(保有分は当日までに手じまい・・・リスク低減)
  • 保有中の銘柄が再度AP到達した場合の買い増しは地合いが良いときに限る(ナンピンは地合いが良いときのみ・・・リスク低減)← New!

で、銘柄とAP値・BP値はどうやって決めたらいいの?

本来であれば、上記の「3Days投資法」公式サイトで有料の分析ソフト(32,000円から)をお求めいただく必要があります。
ただ、少しお高いので気軽に試すという訳にいかないですよね。

また、同公式サイトで無料の分析ソフトをダウンロード可能ですが、こちらは一部の銘柄しか対応していませんし、手動の操作が多くて実用性に欠けるところがあります。

そこで、まずはお試しとして、当サイトと連動したメルマガの購読をオススメします。

当メルマガでは、勝率の高い銘柄のAP値・BP値をズバリ記載しています
(上記の通り、これまでの経験則などからアレンジを加えた、当サイト独自の分析結果です。

月額900円(税抜)ですが、購読初月無料ですので、お気軽にお試しいただけます。
また、購読者を対象に「株式自動売買ツール」を無料ダウンロードできる特典付きです

環境構築含め、必要なものはすべて無料でそろえることができます。
(有料のものはすべて無料お試し期間が付いてきます)

まずは無料でお試しいただいて、利益が出たら上記の公式ソフトをお求めいただくのも良いかと思います。

 - 準備

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

準備③.「お名前.com デスクトップクラウド」に申し込む

  株式自動売買ツールを実行するための環境です 当サイトでご紹介する「 …

準備⑤.株式自動売買ツールをセットアップ(その4)

  株式自動売買ツールをセットアップ 自動売買の準備もこれが最後です。 …

準備⑤.株式自動売買ツールをセットアップ(その2)

  Microsoft Excel をインストールする お名前.com …

準備⑤.株式自動売買ツールをセットアップ(その1)

  デスクトップクラウドにログインする 今回からいよいよ環境構築に入っ …

準備②.証券口座を開設する(岡三オンライン証券)

  お得に口座開設する方法とは? 株式投資には証券口座がないと始まりま …

準備⑤.株式自動売買ツールをセットアップ(その3)

  「岡三RSS」のインストール・設定 株式自動売買ツールのセットアッ …

準備④.Microsoft Excel(2007以降)を入手する

  株式自動売買ツールの実行には必須です 株式自動売買ツールおよび「岡 …